Top > 2015年4月 > SSDの書き込み性能をソフトウェアで従来比4倍に…

2014/5/27

SSDの書き込み性能をソフトウェアで従来比4倍に

中央大がSSD高速化技術、書き込み速度4倍に:日本経済新聞

データベース・アプリケーション向けのストレージを制御するミドルウエアに工夫を加えることで、データ断片化を防ぐ方法を開発した。アプリケーション・ソフト側からSSDにアクセスする際、論理アドレスを割り当てるミドルウエア「SE(storage engine)」と、SSDコントローラー側で論理アドレスを物理アドレスに変換するミドルウエア「FTL(flash translation layer)」を連携動作させるというものだ。

フラッシュはこれからさらに普及することは間違いないので、基本的な部分での性能向上はうれしいですね。製品への応用が待たれます。

Permalink | Tag: SSD , ストレージ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Delicious

≫次の記事 米アクセンチュア、Oracle Exadataを得意とするパートナーを買収
≪前の記事 オープンソースのBPMツール、Bonita BPMの国内Webサイトが公式オープン

最新トピックス 20本

About Publickey Topics

「Publickey Topics」は、エンタープライズIT、クラウド、Web標準などのトピックスを紹介するキュレーションメディアです。 ブログメディア「Publickey」を書くために集めた情報を基にしています。


Publickey Topicsの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
RSSリーダーで : Feed


Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール




Publickey最新ブログ記事10本 ≫ Publickey

バックナンバー