Top > 2015年4月 > 富士通がCOBOLとHadoopを連係、世界初。バッチ…

2012/12/6

富士通がCOBOLとHadoopを連係、世界初。バッチ処理時間が約18分の1に

世界初! Hadoopとの連携を実現したCOBOL「NetCOBOL V10.5」を販売開始 : 富士通

世界初! Hadoopとの連携を実現したCOBOL「NetCOBOL V10.5」を販売開始 : 富士通

「NetCOBOL」で開発したバッチアプリケーションや他社のCOBOLで開発されたバッチアプリケーションを、再コンパイルによりHadoopで並列分散処理できるため、お客様は既存のCOBOLデータやアプリケーションに手を加えることなく、バッチ処理時間を大幅に短縮することができます。

例えば、128GBのデータを16多重で集計した場合、従来のバッチ処理に比べ、Apache Hadoopベースの当社製品「Interstage Big Data Parallel Processing Server」との組み合せで、バッチ処理時間を約18分の1に短縮しました。本製品とApache Hadoopとの組み合わせでも約3分の1に短縮します。

Permalink | Tag: COBOL , Hadoop , 富士通

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Delicious

≫次の記事 IDCフロンティア、データセンターへインターネットを介さず相互接続する「プライベートコネクト」
≪前の記事 インテルはこの先、マザーにCPUを半田付けして交換できなくするの?

最新トピックス 20本

About Publickey Topics

「Publickey Topics」は、エンタープライズIT、クラウド、Web標準などのトピックスを紹介するキュレーションメディアです。 ブログメディア「Publickey」を書くために集めた情報を基にしています。


Publickey Topicsの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
RSSリーダーで : Feed


Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール




Publickey最新ブログ記事10本 ≫ Publickey

バックナンバー