Top > 2015年4月 > ストラトスフィアがSDN Platform Versi…

2012/11/2

ストラトスフィアがSDN Platform Version 1.0 をリリース

Stratosphere SDN Platform Version 1.0 をリリースしました。

お知らせ|株式会社ストラトスフィア~Stratosphere Inc.

SSP1.0 は、従来利用されてきた様々なネットワーク技術をベースに新しい技術を融合させることで、既存の環境からシームレスに移行可能なSDNソリューションを提供します。

主な機能は以下のように説明されている。「ストラトスフィアの提供する価値」から一部引用。

SSP1.0では、既存ネットワーク機器をそのまま利用することができるエッジオーバーレイ型のネットワーク仮想化方式を採用しています。SSP1.0がサポートするIPオーバレイプロトコルはVXLANとSTTの二種類で、これらのオーバレイプロトコルの利用により、IPの接続性さえあれば、任意のサーバ上のVM(Virtual Machine)間を、仮想L2スライスで接続することが可能となります。

既存の技術での組み合わせだとも。

SSPは、全てをOpenFlowのような新しい技術で置き換えてしまう代わりに、従来利用されてきた様々なネットワーク技術に、必要に応じて新しい技術を組み合わせるハイブリッドなアプローチをとっています。その結果、既存の環境からシームレスに移行可能なSDNソリューションを実現することが可能になっています。

Permalink | Tag: IIJ , Software-Defined Network , ストラトスフィア

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Delicious

≫次の記事 Build 2012で発表されたWindows Azureの新機能
≪前の記事 Amazonクラウド、第二世代の標準インスタンスと値下げを発表

最新トピックス 20本

About Publickey Topics

「Publickey Topics」は、エンタープライズIT、クラウド、Web標準などのトピックスを紹介するキュレーションメディアです。 ブログメディア「Publickey」を書くために集めた情報を基にしています。


Publickey Topicsの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
RSSリーダーで : Feed


Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール




Publickey最新ブログ記事10本 ≫ Publickey

バックナンバー