Top > 2015年4月 > SDN Controllerの「Northbound …

2012/10/2

SDN Controllerの「Northbound API」が重要だと

SDN Controller northbound API is the crucial missing piece « ipSpace.net by @ioshints

SDN Controller northbound API is the crucial missing piece « ipSpace.net by @ioshints

Software-Defined Networkのブームを引き起こしたOpenFlowはプロトコル仕様が中心。この記事では、大事なのはSDNコントローラが備えるAPIではないか、と。

もしもSDNによってネットワークをコントロールしようとすると、APIが必要ではないかとの指摘。それがNorthbound API。

we need a standard API to get the network topology, create a path across the network, and create an ingress Forwarding Equivalence Class (FEC) to map the backup traffic to that path. In short, we need what’s called SDN Controller Northbound API.

ここはまだ標準化が進んでいない。たしか6月頃にONFのDan Pittさんが来日したときに@ITの三木さんが、ここの標準化はしないの? と質問したときにも「それはNorthbound APIと呼ばれているが、まだその標準化は時期尚早ではないか」みたいな返事をしていた。

しかしネットワークにはこのところ、「ノースサウスのトラフィックからイーストウェストへ」とか、東西南北系の話が続きますな。

Permalink | Tag: Software-Defined Network

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Delicious

≫次の記事 WordPress.comは毎秒7万リクエスト処理、NGINXを採用
≪前の記事 元SpringのRod Johnson氏がTypesafeの取締役に

最新トピックス 20本

About Publickey Topics

「Publickey Topics」は、エンタープライズIT、クラウド、Web標準などのトピックスを紹介するキュレーションメディアです。 ブログメディア「Publickey」を書くために集めた情報を基にしています。


Publickey Topicsの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
RSSリーダーで : Feed


Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール




Publickey最新ブログ記事10本 ≫ Publickey

バックナンバー