Top > 2015年4月 > Ruby 2.0.0がフィーチャーフリーズへ…

2012/10/25

Ruby 2.0.0がフィーチャーフリーズへ

[ruby-dev:46258] [ANN] 2.0.0 feature freeze

[ruby-dev:46258] [ANN] 2.0.0 feature freeze

本日、スケジュール [1] 通りに "feature freeze" を宣言したいと思います。現時点で matz が承諾してない機能は 2.0.0 には含まれません。

[1] http://blade.nagaokaut.ac.jp/cgi-bin/scat.rb/ruby/ruby-core/40301

事前に連絡できなくてすみません。もし重大な問題があれば (特にコミッタの方) 、次の日曜日までにご連絡ください。

また、月末に "feature preview" をリリースしたいと思っています。意見があればなるべく早めにください。rubyci [2] によると trunk は結構安定していると聞いています。matz に承認されてるけど未実装な機能があったら連絡ください。

[2] http://rubyci.org/

2013 年 2 月 24 日に 2.0 の公式リリースを目指していますが、具体的なプランは決っていません。後日連絡します。
ただし、おそらく次のマイルストーンは "code freeze" です。年末くらいになると思いますので、その心づもりでいてください。

Permalink | Tag: Ruby , オープンソース , スクリプティング言語

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Delicious

≫次の記事 マイクロソフト、Typescriptのおかげで出荷前のTeam Foundation Serverのバグを13個も発見
≪前の記事 NANDフラッシュ、早くも微細化の限界が見えてきたらしい

最新トピックス 20本

About Publickey Topics

「Publickey Topics」は、エンタープライズIT、クラウド、Web標準などのトピックスを紹介するキュレーションメディアです。 ブログメディア「Publickey」を書くために集めた情報を基にしています。


Publickey Topicsの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
RSSリーダーで : Feed


Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール




Publickey最新ブログ記事10本 ≫ Publickey

バックナンバー