Top > 2015年4月 > マイクロソフト、Visual Studio 2012を…

2012/9/14

マイクロソフト、Visual Studio 2012を販売開始

「Microsoft(R) Visual Studio(R) 2012」を提供開始

「Microsoft(R) Visual Studio(R) 2012」を提供開始

Visual Studio 2012は、最新のオペレーティングシステムである Windows(R) 8 や Windows Server(R) 2012から、クラウドプラットフォームである Windows Azure(TM)まで、多種多様なWindows プラットフォームやデバイス向けのアプリケーション開発をサポートする統合開発環境です。

Visual Studio 2012は、開発工程だけではなく、開発後の品質管理から運用までアプリケーション開発に関わるすべての工程をカバーし、多様なアプリケーションの開発において高い品質と生産性を実現するアプリケーション ライフサイクル管理(ALM) ツールとしても機能強化が行われています。

Windows Server 2012、Windows 8、Windows Azure Spring Releaseなど、プラットフォームのバージョンアップが続くのに対応して、Visual Studioもバージョンアップ。こうした開発ツールとプラットフォームの連係は同社の強味。

Permalink | Tag: Microsoft , Visual Studio , 統合開発ツール

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Delicious

≫次の記事 メラノックス、VMware 5.1でのInfiniBand、10/40GbE対応SR-IOVドライバ発表
≪前の記事 Amazonクラウドが東京リージョンに3つ目のアベイラビリティゾーンを開設

最新トピックス 20本

About Publickey Topics

「Publickey Topics」は、エンタープライズIT、クラウド、Web標準などのトピックスを紹介するキュレーションメディアです。 ブログメディア「Publickey」を書くために集めた情報を基にしています。


Publickey Topicsの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
RSSリーダーで : Feed


Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール




Publickey最新ブログ記事10本 ≫ Publickey

バックナンバー