Top > 2015年4月 > QLogicもサーバサイドフラッシュを展開へ…

2012/9/24

QLogicもサーバサイドフラッシュを展開へ

QLogic's Mt. Rainier adapter card pools server SSD capacity on the SAN

QLogic's Mt. Rainier adapter card pools server SSD capacity on the SAN

Mt. Rainerと呼ぶらしい。

The Mt. Rainier adapter card allows users to connect different SSDs, including PCIe flash-based storage cards and industry standard SAS SSDs, together as a shared pool of high-performance flash cache.

Data caches can also be mirrored between two Mt. Rainier server adapter cards in a cluster for high availability and greater performance with write-back caching.

複数のフラッシュをプール化したり、別のサーバとミラーできると。

QLogicからのオフィシャルな情報はこちら。

Permalink | Tag: SSD , ストレージ、フラッシュストレージ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Delicious

≫次の記事 OpenStackがVMwareの参加でさらに前進
≪前の記事 NTTがセールスフォースを得意とするクラウドコンサル企業を買収

最新トピックス 20本

About Publickey Topics

「Publickey Topics」は、エンタープライズIT、クラウド、Web標準などのトピックスを紹介するキュレーションメディアです。 ブログメディア「Publickey」を書くために集めた情報を基にしています。


Publickey Topicsの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
RSSリーダーで : Feed


Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール




Publickey最新ブログ記事10本 ≫ Publickey

バックナンバー