Top > 2015年4月 > インターネットの父ヴィントン・サーフ氏、慶應義塾大学名…

2012/9/12

インターネットの父ヴィントン・サーフ氏、慶應義塾大学名誉博士に

インターネットの父 ヴィントン・サーフ氏に慶應義塾大学名誉博士の称号を授与:[慶應義塾]

インターネットの父 ヴィントン・サーフ氏に慶應義塾大学名誉博士の称号を授与:[慶應義塾]

慶應義塾大学では、インターネットの父 ヴィントン・サーフ(Vinton Gray Cerf)氏に対し、現代情報社会の基盤であるインターネットの原点となるネットワーク技術の基本概念の創出および基幹となる通信プロトコル体系の設計と開発、推進に多大なる貢献を果たした功績を高く評価し、慶應義塾大学名誉博士の称号を授与することになりました。

Permalink | Tag: インターネット

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Delicious

≫次の記事 クラウド特化のソリューションベンダー、テラスカイが米国進出
≪前の記事 国内BPM/BAM市場の2011年度出荷金額は17.9%増と拡大、 今後も高い伸び率を維持する見込み

最新トピックス 20本

About Publickey Topics

「Publickey Topics」は、エンタープライズIT、クラウド、Web標準などのトピックスを紹介するキュレーションメディアです。 ブログメディア「Publickey」を書くために集めた情報を基にしています。


Publickey Topicsの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
RSSリーダーで : Feed


Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール




Publickey最新ブログ記事10本 ≫ Publickey

バックナンバー