Top > 2015年4月 > なぜJSONは発展し続けるのか…

2012/8/29

なぜJSONは発展し続けるのか

Why JSON will continue to push XML out of the picture – AppFog Blog

The more lightweight, bandwidth-non-intensive JSON (JavaScript Object Notation) has emerged not just as an alternative to XML, but rather as a potential full-blown successor. A variety of historical forces are now converging and conspiring to render XML less and less relevant and to crown JSON as the privileged data format of the global digital architecture of the future. I think that the only question is how near that future is.

API、ビッグデータ、Internet of Things、フルスタックJavaScriptがJSONを推進する要素だとのこと。

Permalink | Tag: JavaScript , XML

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Delicious

≫次の記事 Yammer CEO、シリコンバレーの終焉を予想
≪前の記事 I/O仮想化の最新事情

最新トピックス 20本

About Publickey Topics

「Publickey Topics」は、エンタープライズIT、クラウド、Web標準などのトピックスを紹介するキュレーションメディアです。 ブログメディア「Publickey」を書くために集めた情報を基にしています。


Publickey Topicsの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
RSSリーダーで : Feed


Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール




Publickey最新ブログ記事10本 ≫ Publickey

バックナンバー