Top > 2015年4月 > IBM、処理能力を50%向上した業界最速のメインフレー…

2012/8/29

IBM、処理能力を50%向上した業界最速のメインフレーム

IBM 処理能力を50%向上した業界最速のメインフレーム - Japan

「IBM® zEnterprise EC12(以下、zEC12)」を発表します。当製品は、動作周波数5.5ギガ・ヘルツ(GHz)の業界最速プロセッサーを搭載し、従来製品「IBM zEnterprise 196(以下、z196)」よりも、コアあたりの処理速度が25%、筐体あたりの命令処理能力は50%向上しました。また、同じ消費電力で処理できる性能が65%向上しました。

オプションで高速化を実現するフラッシュメモリがある。メインフレームにもフラッシュの時代。

Permalink | Tag: IBM , メインフレームフラッシュストレージ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Delicious

≫次の記事 iPadにHTML5コンテンツを配信、インフォテリアの「Handbook」新機能
≪前の記事 Yammer CEO、シリコンバレーの終焉を予想

最新トピックス 20本

About Publickey Topics

「Publickey Topics」は、エンタープライズIT、クラウド、Web標準などのトピックスを紹介するキュレーションメディアです。 ブログメディア「Publickey」を書くために集めた情報を基にしています。


Publickey Topicsの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
RSSリーダーで : Feed


Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール




Publickey最新ブログ記事10本 ≫ Publickey

バックナンバー