Top > 2015年4月 > Webが生まれたのは20年前の8月20日…

2012/8/21

Webが生まれたのは20年前の8月20日

WorldWideWeb wide-area hypertext app available

20年前、1991年8月20日にティム・バーナーズリー氏がcomp.sys.next.announceに投稿したこのメールからWebが始まった。

The WorldWideWeb application is now available as an alpha release in source and binary form from info.cern.ch.

WorldWideWeb is a hypertext browser/editor which allows one to read information from local files and remote servers. It allows hypertext links to be made and traversed, and also remote indexes to be interrogated for lists of useful documents. Local files may be edited, and links made from areas of text to other files, remote files, remote indexes, remote index searches, internet news
groups and articles. All these sources of information are presented in a consistent way to the reader. For example, an index search returns a hypertext document with pointers to documents matching the query. Internet news articles are displayed with hypertext links to other referenced articles and groups.
(以下略)

まだ、ここからたった20年しかたってないんだ。

Permalink | Tag: Web標準

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Delicious

≫次の記事 IEEEが400GBイーサネットと1TBイーサネットに取り組み始めたらしい
≪前の記事 NokiaがQtを売却

最新トピックス 20本

About Publickey Topics

「Publickey Topics」は、エンタープライズIT、クラウド、Web標準などのトピックスを紹介するキュレーションメディアです。 ブログメディア「Publickey」を書くために集めた情報を基にしています。


Publickey Topicsの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
RSSリーダーで : Feed


Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール




Publickey最新ブログ記事10本 ≫ Publickey

バックナンバー