Top > 2015年4月 > シスコが独自のSoftware-Defined Net…

2012/7/3

シスコが独自のSoftware-Defined Network戦略を発表、Cisco ONE

ついにネットワーク業界の巨人、シスコがSoftware-Defined Network戦略を発表した。3社の報道。

“狭義のSDNでは不十分”、シスコがCisco ONE戦略を発表 - @IT

一言で表現すれば、OpenFlowおよびOpen Networking Foundation(ONF)が提唱する意味でのSoftware Defined Networking(SDN)への対応を進めるものの、それだけでなく広義で「ネットワークをプログラマブルにすること」を目的として複数の取り組みを並行して進め、顧客の具体的ニーズを満たすことに注力するというのがその骨子だ。

ASCII.jp:OpenFlowだけじゃない!シスコの参入でSDNは業界の本流へ

2012年Q4までにOpenFlowコントローラーとエージェント、そしてオーバーレイネットワーク、「onePK(One Platform Kit)」と呼ばれる包括的なAPI提供とSDNの実現に向けた拡張が発表された。

シスコ、包括的なネットワークプログラマビリティを提供する新アプローチ「Cisco ONE」 - クラウド Watch

「Cisco ONE」の具体的なソリューションとしては、1つめのアプローチでは、同社のOSであるCisco IOS、IOS-XR、NX-OSで利用可能な開発者用の豊富なAPIセット「One Platform Kit(onePK)」を提供する。同社では、OSだけでなくハードウェアプラットフォーム(Cisco ASR、Cisco ISR G2、Cisco CRS、Cisco Catalyst、Cisco Nexusスイッチ)においても、「onePK」の段階的なサポートを提供する予定。まずは、「Cisco ASR 1000」と「Cisc ISR G2」の2機種に対して提供されるという。

たぶん、OpenFlowは(しぶしぶ)やるけれど、その上位レイヤで引き続き独自のAPI作るので、そっちをヨロシク! 的な感じか。たぶんOpenFlowの実装と並行して、その上位レイヤのAPI競争がネットワークベンダとIaaS基盤ソフトウェアのOpenStackやCloudStackやvSphereを巻き込んで起こるのだろうなあ。

ところで、シスコの関係者の方がもしこの記事をお読みでしたら、ぜひPublickey宛にプレスリリースや発表会の案内などお送りください。連絡先は右上の顔写真あたりのリンクから。ぜひ。

Permalink | Tag: Cisco , OpenFlow , Software-Defined Network

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Delicious

≫次の記事 デルがクエストソフトウェアを買収、ソフトウェア事業を強化
≪前の記事 日立、Niciraのネットワーク仮想化ソリューションを提供開始

最新トピックス 20本

About Publickey Topics

「Publickey Topics」は、エンタープライズIT、クラウド、Web標準などのトピックスを紹介するキュレーションメディアです。 ブログメディア「Publickey」を書くために集めた情報を基にしています。


Publickey Topicsの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
RSSリーダーで : Feed


Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール




Publickey最新ブログ記事10本 ≫ Publickey

バックナンバー