Top > 2015年4月 > DBaaS基盤の「VMware vFabric Dat…

2012/7/11

DBaaS基盤の「VMware vFabric Data Director」がOracleに対応

VMware vFabric Data Director Powers Database-as-a-Service for Your Cloud

VMware vFabric Data Director Powers Database-as-a-Service for Your Cloud

vFabric Data Director 2.0によって、異種混在型のデータベースの展開、管理、ガバナンスは自動化され、またIT部門は、プロビジョニング、バックアップ、クローン作成、パッチ適用などの日常的なデータベース管理タスクを安全に自動化することができます。これにより、アプリケーション チームは数日かかっていたデータベースのプロビジョニングや更新を数分で実行し、IT部門は開発者にセルフ サービスによるデータベースへのアクセスを提供しながら、ポリシー ベースの統制およびコンプライアンスを維持できるようになります

企業内でのデータベースの自動化はどれだけ実用的かつニーズがあるのか、まだ分からないところはあるけれど、この分野ではVMwareが一歩先へ進んだ感じがする。

Permalink | Tag: Oracle , PaaS , VMware , クラウド , リレーショナルデータベース

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Delicious

≫次の記事 SFA、勤怠管理、グループウェアなどのクラウドサービス「JobMagic」発売。リコーITソリューションズ
≪前の記事 SPDYの特徴と技術解説のスライド

最新トピックス 20本

About Publickey Topics

「Publickey Topics」は、エンタープライズIT、クラウド、Web標準などのトピックスを紹介するキュレーションメディアです。 ブログメディア「Publickey」を書くために集めた情報を基にしています。


Publickey Topicsの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
RSSリーダーで : Feed


Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール




Publickey最新ブログ記事10本 ≫ Publickey

バックナンバー