Top > 2015年4月 > CTCがIaaSサービスを拡充、DBMSとAPサーバー…

2012/7/5

CTCがIaaSサービスを拡充、DBMSとAPサーバーを月額で提供

ニュース - CTCがIaaSサービスを拡充、DBMSとAPサーバーを月額で提供:ITpro

ニュース - CTCがIaaSサービスを拡充、DBMSとAPサーバーを月額で提供:ITpro

データベース管理システム(DBMS)の「Oracle Database」と「SQL Server」、Javaアプリケーションサーバーの「Oracle WebLogic Server」、負荷分散装置(仮想アプライアンス)の「BIG-IP LTM Virtual Edition」を、月額制で利用できるようにした。

さらにストレージのバックアップなども強化したメニューを用意したとのこと。

IaaS型クラウドを提供しているベンダは、利用者のニーズに応えて強化していくとデータベースサービスやストレージ系の提供を始めるのはほぼ必然といえる流れ。今後も増えていくはず。しかしデータベースサービスの構築、運用は簡単ではないし、万が一事故を起こしたら顧客のダメージは大きいため、データベースのスキルを持ったエンジニアは今後こうしたクラウドプロバイダのあいだで貴重な戦力になるのではないかな。

Permalink | Tag: PaaS , クラウド , リレーショナルデータベース

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Delicious

≫次の記事 Eclipse 4.2 Junoがリリース
≪前の記事 レッドハット、ハイブリッドクラウド構築の製品群を発表

最新トピックス 20本

About Publickey Topics

「Publickey Topics」は、エンタープライズIT、クラウド、Web標準などのトピックスを紹介するキュレーションメディアです。 ブログメディア「Publickey」を書くために集めた情報を基にしています。


Publickey Topicsの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
RSSリーダーで : Feed


Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール




Publickey最新ブログ記事10本 ≫ Publickey

バックナンバー