Top > 2015年4月 > なぜ米政府は短期間でクラウドを導入できたのか…

2012/6/27

なぜ米政府は短期間でクラウドを導入できたのか

ニュース - [Interop 2012]「なぜ米政府は短期間でクラウドを導入できたのか」:ITpro

ニュース - [Interop 2012]「なぜ米政府は短期間でクラウドを導入できたのか」:ITpro

オバマ大統領はITの専門家ではないから細かな指示は出さなかったが、CIOに指名したヴィヴェック・クンドラ氏(現、セールスフォース・ドットコム新興市場担当EVP)に対して、ただ「劇的に変えてほしい」とだけ命じたというのだ。

(略)

短期間でクラウド利用を急拡大できた理由として、コスト削減のためのスローガン「クラウドファースト」を掲げたことを挙げた。ここには、大統領が省庁に対して「政府関係機関がアプリを使う、あるいは改修する際には、まずクラウドを検討しなさい」というメッセージを込めたのだ。

大統領のリーダーシップで米国政府のクラウド化が進展したことが指摘されている。大きな組織での大幅な変化はトップダウン方式が有効だと。それとITの分かるトップ、CIOがきちんと機能していたことも大事なのだと思う。

Permalink | Tag: CIO , クラウド , 米政府

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Delicious

≫次の記事 WebのNative化に対する標準化が始まる?
≪前の記事 仮想環境にHadoopを適用させるプロジェクト「Serengeti」、VMwareが発表

最新トピックス 20本

About Publickey Topics

「Publickey Topics」は、エンタープライズIT、クラウド、Web標準などのトピックスを紹介するキュレーションメディアです。 ブログメディア「Publickey」を書くために集めた情報を基にしています。


Publickey Topicsの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
RSSリーダーで : Feed


Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール




Publickey最新ブログ記事10本 ≫ Publickey

バックナンバー