Top > 2015年4月 > 物理マシンをオンデマンドにセルフサービスで貸出しするシ…

2012/6/6

物理マシンをオンデマンドにセルフサービスで貸出しするシステムを開発、NII

20120606 - 国立情報学研究所/National Institute of Informatics

20120606 - 国立情報学研究所/National Institute of Informatics

大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構国立情報学研究所(所長:坂内正夫、以下NII)は、物理マシンをセルフサービス・オンデマンドで貸出し、必要なミドルウェアを自動インストールして、直に使える状態に整えることが可能な、クラウド基盤ソフトウェアdodai(ドダイ)を開発しました。また、dodaiを利用した物理マシンクラウドの試行運用を7月から開始します。

ARMサーバ市場が立ち上がり始めるなど、仮想サーバ、物理サーバ問わずにプロビジョニングできるシステムはこれから注目されるはず。

開発したのはNTTデータっぽい。

国立情報学研究所の研究者向けクラウドシステムを構築 2012年6月 6日 | ニュースリリース | NTTデータ

従来のクラウドでは、リソースの利用効率を向上するため、仮想化技術を利用し複数のユーザーを1台のマシンに収容する方法が取られてきましたが、仮想化によるオーバーヘッドのため、研究分野などでマシンを専有しその性能を100%引き出す用途には向きませんでした。

なるほどOpenFlowを内部で使ってるのか!

研究クラウドシステム構築にあたってOpenFlow技術を利用し、物理マシンの貸出時にネットワークの配線変更などを行うことなく、ソフトウエアにより制御することで動的なネットワーク構築が可能で、また、貸し出された物理マシンを各研究室のネットワークに直接接続することができ、研究室の環境からシームレスに利用可能であるネットワークシステムを実現しました。

む、これだけ記事ボリュームがあったら、本家Publickeyで書くべきであったか。しかし、気軽にさくさく書けるPublickey Topicsの軽快さは捨てがたく、楽しい。この記事程度でも5分くらいで書ける。

Permalink | Tag: IaaS , OpenFlow , クラウド

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Delicious

≫次の記事 ARM®を採用したマイクロサーバ 「OpenBlocks AX3」と「OpenBlocks A6」をぷらっとホームが発表
≪前の記事 SaaSのオープン規格を普及促進する「APSフォーラムJapan」設立

最新トピックス 20本

About Publickey Topics

「Publickey Topics」は、エンタープライズIT、クラウド、Web標準などのトピックスを紹介するキュレーションメディアです。 ブログメディア「Publickey」を書くために集めた情報を基にしています。


Publickey Topicsの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
RSSリーダーで : Feed


Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール




Publickey最新ブログ記事10本 ≫ Publickey

バックナンバー