Top > 2015年4月 > NECがメインフレーム「ACOS」の新機種を発売…

2012/6/29

NECがメインフレーム「ACOS」の新機種を発売

ニュース - NECがメインフレーム「ACOS」の新機種、専用プロセッサ「NOAH」が復活:ITpro

ニュース - NECがメインフレーム「ACOS」の新機種、専用プロセッサ「NOAH」が復活:ITpro

NECは2004年にACOSのプロセッサを米インテルのItaniumに移行したが、Itaniumの性能が伸び悩んでいることからACOS専用のNOAHを復活させた。NOAHの新モデルが登場するのは11年ぶり。標準レンタル価格は月額950万円からで、9月28日に出荷を開始する。 (略) なおACOSシリーズの中型機は、今後もプロセッサにItaniumを使用する。

メインフレームはまだまだ使われているらしいし、専用プロセッサを復活させたということは長期的なコミットメントを示したということなのでしょうね。

Permalink | Tag: NEC , サーバ , メインフレーム

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Delicious

≫次の記事 Apache ZooKeeperの技術解説
≪前の記事 Googleは世界有数のサーバメーカー

最新トピックス 20本

About Publickey Topics

「Publickey Topics」は、エンタープライズIT、クラウド、Web標準などのトピックスを紹介するキュレーションメディアです。 ブログメディア「Publickey」を書くために集めた情報を基にしています。


Publickey Topicsの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
RSSリーダーで : Feed


Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール




Publickey最新ブログ記事10本 ≫ Publickey

バックナンバー