Top > 2015年4月 > 富士通がプライベートクラウド統合パッケージ「Cloud…

2012/5/11

富士通がプライベートクラウド統合パッケージ「Cloud Ready Blocks」を拡充

プライベートクラウド統合パッケージ「Cloud Ready Blocks」のモデルラインナップを拡充 : 富士通

「Cloud Ready Blocks」は、プライベートクラウドの設計、構築、運用に必要なハードウェア、ソフトウェアをセットアップし、あらかじめ基本設定した状態で提供されるプライベートクラウド統合パッケージです。

今般、30VM(注1)程度の小規模な仮想環境を実現する「Express Model」と、仮想環境を実現し、さらにインフラ運用の自動化やサービス化まで含めたプライベートクラウド環境へのステップアップも可能な「Standard Model」を新たに追加します。また、従来より提供しているプライベートクラウド環境向けモデルを「Enterprise Model」として提供します。

もうサーバのことを「マザーボードと電源とシャーシがアセンブル企業によって垂直統合されている」などとあらたまって言わないように、エンタープライズ市場で「サーバ」といえば暗黙のうちにハイパーバイザと管理ツールも一体化したものと考えられるようになるかも。

Permalink | Tag: IaaS , クラウド , サーバ , 仮想化 , 富士通

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Delicious

≫次の記事 SAP、ERPの世界市場シェアで首位
≪前の記事 APIは著作権の対象にならないと、欧州裁判所

最新トピックス 20本

About Publickey Topics

「Publickey Topics」は、エンタープライズIT、クラウド、Web標準などのトピックスを紹介するキュレーションメディアです。 ブログメディア「Publickey」を書くために集めた情報を基にしています。


Publickey Topicsの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
RSSリーダーで : Feed


Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール




Publickey最新ブログ記事10本 ≫ Publickey

バックナンバー