Top > 2015年4月 > APIは著作権の対象にならないと、欧州裁判所…

2012/5/10

APIは著作権の対象にならないと、欧州裁判所

EU's top court: APIs can't be copyrighted, would "monopolise ideas"

EU's top court: APIs can't be copyrighted, would "monopolise ideas"

The European Court of Justice ruled on Wednesday that application programming interfaces (APIs) and other functional characteristics of computer software are not eligible for copyright protection.

APIは著作権の対象とはならないと、欧州司法裁判所が判断したとのこと。

The case focuses on the popular statistical package SAS. A firm called World Programming created a clone designed to run SAS scripts without modification. In order to do this, they bought a copy of SAS and studied its manual and the operation of the software itself. They reportedly did not have access to the source code, nor did they de-compile the software's object code.

World ProgrammingがSASのソースコードを見ずに互換機能を作ったらしい。それについて争ったようだ。

たしかにクリーンルーム形式で互換機能を合法的に作ることは、互換BIOSの時代からあった。Oracle-Google裁判とこれとはどう違うのだろう。

Permalink | Tag: SAS , 知的所有権

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Delicious

≫次の記事 富士通がプライベートクラウド統合パッケージ「Cloud Ready Blocks」を拡充
≪前の記事 APIは著作権保護の対象になるか Android-Java訴訟

最新トピックス 20本

About Publickey Topics

「Publickey Topics」は、エンタープライズIT、クラウド、Web標準などのトピックスを紹介するキュレーションメディアです。 ブログメディア「Publickey」を書くために集めた情報を基にしています。


Publickey Topicsの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
RSSリーダーで : Feed


Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール




Publickey最新ブログ記事10本 ≫ Publickey

バックナンバー