Top > 2015年4月 > 富士通が8年ぶりにSEと営業を分離…

2012/5/17

富士通が8年ぶりにSEと営業を分離

富士通が8年ぶりにSEと営業を分離 - 日経コンピュータReport:ITpro

富士通が8年ぶりにSEと営業を分離 - 日経コンピュータReport:ITpro

新体制では、SEと営業の“しがらみ”を組織ごと断ち切る。これにより、ビッグデータやクラウドといった新規案件の獲得を強化する。100億円を超えていた不採算案件が「二桁前半に減った」(同)ことも、採算性向上よりも新規案件獲得に軸足を移す組織改革を後押しした。上嶋常務は、「売上高を年4~5%は伸ばしたい」と意気込みをみせる。

営業とSEは同じ組織がいいかどうかは、会社の事情と取り組む市場によって異なるため正解はないはず。今回の変更は、ビッグデータやクラウドといった、保守的な考えと行動ではなかなか取り組みにくい市場を取りに行くためだと言われればたしかに合点はいく。

Permalink | Tag: 働き方 , 富士通

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Delicious

≫次の記事 仮想化機能を備えたクラウド対応GPU「KEPLER」をNVIDIAが発表
≪前の記事 EMCがクラウド事業者向けのストレージ「VMAX Service Provider Platform」発表

最新トピックス 20本

About Publickey Topics

「Publickey Topics」は、エンタープライズIT、クラウド、Web標準などのトピックスを紹介するキュレーションメディアです。 ブログメディア「Publickey」を書くために集めた情報を基にしています。


Publickey Topicsの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
RSSリーダーで : Feed


Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール




Publickey最新ブログ記事10本 ≫ Publickey

バックナンバー