Top > 2015年4月 > ストレージの裏にはクラウドがあり、ストレージはサービス…

2012/5/7

ストレージの裏にはクラウドがあり、ストレージはサービスビジネスになるのではないか

6 Standout Storage Appliances

6 Standout Storage Appliances -- InfoStor

InfoStoreの記事から。以下は本文からポイントだけを抜き出した。

  1. Arkeia
    Arkeia delivers all-in-one backup appliances -- both as hardware and as virtual appliances.

  2. TwinStrata
    TwinStrata's CloudArray can be combined with cloud storage such as Amazon S3 Cloud Storage to enable backup and recovery.

  3. CTERA Networks
    They write backup to a remote site in the cloud, but they also keep a copy of the most recent backups right at the user site.

  4. Iomega
    The Iomega StorCenter ix4-200d Network Storage Cloud Edition offers content sharing with security. It is intended for small and remote offices, workgroups or home networks.

  5. StorSimple
    That reduces the amount of data that must be sent across the WAN to the associated cloud services provider, such as Amazon, EMC Atmos, AT&T, Zetta or Microsoft.

  6. Lortu
    Lortu Data Appliances (LDA) can store up to 1.2 TB of full daily backups. Due to built-in dedupe, that adds up to hundreds of daily or weekly backups.

6つ中5つは、オンプレミスのストレージアプライアンスの後ろにクラウドによるバックアップ機能を備えている。ストレージとクラウドのサービスを組み合わせるのはこれから明らかなトレンドになる。中小規模以下のストレージは「デバイス」ビジネスから「サービス」ビジネスへと位置づけを変えていくことになるのではないか。

デバイスはあくまでクラウドを使ってもらうためのオマケになり、クラウドへのサブスクリプションを収入源とするビジネス。ちょうどAmazonが「AWS Storage Gateway」をソフトウェアアプライアンスとして無料でリリースしたように。

とすると、大手ストレージベンダはデバイスを売るビジネスからサービスを売るビジネスへと、社内ポートフォリオの一部は舵を切ることになり、クラウドベンダと続々と手を組むことになるのではないか、あるいは垂直統合するために小さなパブリッククラウドベンダを買収するかもしれない。

Permalink | Tag: クラウド , ストレージ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Delicious

≫次の記事 JavaScriptのMVCフレームワーク「Spine.js」と「Backbone.js」はどこが違う?
≪前の記事 国内初の本格的なDevOpsイベント「DevOps Days Tokyo 2012」が5月26日に開催

最新トピックス 20本

About Publickey Topics

「Publickey Topics」は、エンタープライズIT、クラウド、Web標準などのトピックスを紹介するキュレーションメディアです。 ブログメディア「Publickey」を書くために集めた情報を基にしています。


Publickey Topicsの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
RSSリーダーで : Feed


Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール




Publickey最新ブログ記事10本 ≫ Publickey

バックナンバー