Top > 2015年4月 > 基幹系の寿命は14.6年/大規模プロジェクトの3割強が…

2012/5/29

基幹系の寿命は14.6年/大規模プロジェクトの3割強が予算超過

データで探る2012年度のIT戦略 - 基幹系の寿命は14.6年に、大規模プロジェクトの3割強で予算超過:ITpro

日本情報システム・ユーザー協会による「企業IT動向調査報告書2012」から。

データで探る2012年度のIT戦略 - 基幹系の寿命は14.6年に、大規模プロジェクトの3割強で予算超過:ITpro

システムの寿命が延びている。最新の結果では14.6年で、この5年で約1年伸びた。

一方、システム構築プロジェクトの成功率は高くはない。500人月以上のプロジェクトでは、40.5%が工期遅延、34.8%が予算超過、26.2%で品質の不満、に遭遇している。

起業のシステムを開発するときに、さすがに15年先を考えることは少ないけれど、実際にはそれだけ使われている。プロジェクトの課題についてはみんな同意すると思う。

Permalink | Tag: 調査報告

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Delicious

≫次の記事 デルがARMプロセッサ搭載サーバへの注力を明らかに
≪前の記事 CloudStackを利用したクラウドを北陸先端科学技術大学院大学が導入

最新トピックス 20本

About Publickey Topics

「Publickey Topics」は、エンタープライズIT、クラウド、Web標準などのトピックスを紹介するキュレーションメディアです。 ブログメディア「Publickey」を書くために集めた情報を基にしています。


Publickey Topicsの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
RSSリーダーで : Feed


Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール




Publickey最新ブログ記事10本 ≫ Publickey

バックナンバー