Top > 2015年4月 > Rubyが国際規格ISO/IECのプログラミング言語と…

2012/4/2

Rubyが国際規格ISO/IECのプログラミング言語として承認

プログラム言語Ruby、国際規格として承認 ~日本発のプログラム言語として初のISO/IEC規格に~ - IPA

情報処理推進機構:プレス発表:記事:プログラム言語Ruby、国際規格として承認

IPAでは2008年にRuby標準化検討ワーキンググループを設置し、Rubyの言語仕様の国際規格化へ向けた事業を進めてきました。2011年3月にはJIS規格化が完了し、同時に日本工業標準調査会を通じてISO/IEC JTC 1(*3)へ国際規格案として提案を行いました。ISO/IEC JTC 1において行われた国際規格承認のための最終投票が2012年3月31日に締め切られ、その結果、ISO/IEC 30170として承認されました。

Rubyが国際規格となったことで、Ruby言語仕様の安定性や信頼性が増し、Rubyを学ぶプログラマーの数、Rubyを採用する企業や組織の数が増大することが期待されます。

承認されたことで何かが大きく変わる、ということはないにせよ、安心して使用できる言語としての信用が積み上がったことは大きいのでは。

Permalink | Tag: Ruby

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Delicious

≫次の記事 OpenStackの知られざる歴史 by Wired
≪前の記事 グーグルのGo言語、バージョン1がついに登場

最新トピックス 20本

About Publickey Topics

「Publickey Topics」は、エンタープライズIT、クラウド、Web標準などのトピックスを紹介するキュレーションメディアです。 ブログメディア「Publickey」を書くために集めた情報を基にしています。


Publickey Topicsの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
RSSリーダーで : Feed


Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール




Publickey最新ブログ記事10本 ≫ Publickey

バックナンバー