Top > 2015年4月 > フラッシュドライブの高速化、高信頼化の仕組み…

2012/4/22

フラッシュドライブの高速化、高信頼化の仕組み

Violin’s clean-sheet architecture

Violin’s clean-sheet architecture

エンタープライズ向けフラッシュドライブアレイを提供しているViloin Memoryが、どのようなアーキテクチャになっているのか、その仕組みをビデオで解説。

基本的にNANDチップは世代を重ねるごとに大容量化していくが、同時に遅くなり、信頼性は下がっていく。これをどのようにして高信頼、高速にするか、という話。

Permalink | Tag: SSD , Violin Memory , ストレージ , フラッシュドライブ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Delicious

≫次の記事 NiciraがNVPをOpenStack Quantumのプラグイン対応に
≪前の記事 Chromeのリモートデバッグ機能、今後の機能追加予定

最新トピックス 20本

About Publickey Topics

「Publickey Topics」は、エンタープライズIT、クラウド、Web標準などのトピックスを紹介するキュレーションメディアです。 ブログメディア「Publickey」を書くために集めた情報を基にしています。


Publickey Topicsの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
RSSリーダーで : Feed


Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール




Publickey最新ブログ記事10本 ≫ Publickey

バックナンバー