Top > 2015年4月 > Javaの知的所有権の歴史を振り返る…

2012/4/23

Javaの知的所有権の歴史を振り返る

The Java IP Story | Software Research and the Industry

The Java IP Story | Software Research and the Industry

Originally Sun, now Oracle, owns the following intellectual property rights:

  • the Java trademark; this allows it to stop labeling other parties software as "Java" in the domain ofinformation technology
  • various JSR test suites; this output of the JCP serves to certify Java component implementations as specification compatible
  • many patents in the implementation of the core Java programming language and runtime

マイクロソフト版Javaとの争い、JCPの創設、Apache Harmonyの登場、GPLでのOpenJDKリリース、オラクルの買収など、Javaのこれまでの歴史的経緯をまとめたドキュメント。

2011年6月にポストされたものですが、オラクルとグーグルのJavaに関する訴訟が始まった現在、あらためて確認しておきたいところ。

クリエイティブコモンズライセンスでPDFが公開されているので、日本語訳をコツコツ作ってみようかな。

Permalink | Tag: Java , Oracle

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Delicious

≫次の記事 アドビが同社のHTML5関連技術を紹介するWebサイト「Adobe & HTML」を公開
≪前の記事 NiciraがNVPをOpenStack Quantumのプラグイン対応に

最新トピックス 20本

About Publickey Topics

「Publickey Topics」は、エンタープライズIT、クラウド、Web標準などのトピックスを紹介するキュレーションメディアです。 ブログメディア「Publickey」を書くために集めた情報を基にしています。


Publickey Topicsの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
RSSリーダーで : Feed


Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール




Publickey最新ブログ記事10本 ≫ Publickey

バックナンバー