Top > 2015年4月 > 国土交通省のテレワーク社会実験。結果は、BCP、ワーク…

2012/4/1

国土交通省のテレワーク社会実験。結果は、BCP、ワークライフバランス、業務効率に向上と

報道発表資料:「テレワークセンター社会実験」の結果の概要 - 国土交通省

報道発表資料:「テレワークセンター社会実験」の結果の概要 - 国土交通省

2)テレワークセンターを利用した効果(利用者アンケート結果等から)

○災害時の事業継続性の観点からの効果
・利用者の9割程度が「テレワークセンターの利用はBCPに効果がある」と回答し、参加した企業の約半数は「テレワークセンターをBCPに組み込みたい」等と回答。

○ワーク・ライフ・バランスの観点からの効果
・利用者の9割程度が「ワーク・ライフ・バランスの向上に役立った」と回答。
・利用者の4割程度が「家族と過ごす時間が増加した」と回答。

○業務効率・生産性の観点からの効果
・利用者の8割程度が「移動時間を有効に活用できた」と回答。
・利用者の3割程度が「顧客訪問時間が増加した」と回答。

国土交通省は「ノマド」とは言わないのでしょうけれど、場所と時間に柔軟な働き方に肯定的な結果が出ることで、行政も市場もこの方向を後押しするようになるのでしょうか。

Permalink | Tag: 働き方 , 国土交通省 , 調査結果

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Delicious

≫次の記事 米ガートナーの調査でもクラウド最大の懸念点はセキュリティ
≪前の記事 IPAによる中規模、大規模プロジェクトのアジャイル開発事例に関する報告

最新トピックス 20本

About Publickey Topics

「Publickey Topics」は、エンタープライズIT、クラウド、Web標準などのトピックスを紹介するキュレーションメディアです。 ブログメディア「Publickey」を書くために集めた情報を基にしています。


Publickey Topicsの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
RSSリーダーで : Feed


Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール




Publickey最新ブログ記事10本 ≫ Publickey

バックナンバー