Top > 2015年4月 > SQL Serverのカラムストアインデックスはインメ…

2012/3/31

SQL Serverのカラムストアインデックスはインメモリで動作するようだ

マイクロソフトのインメモリ戦略はまずはSQL Serverの中から(1/3): EnterpriseZine (EZ)

マイクロソフトのインメモリ戦略はまずはSQL Serverの中から(1/3):EnterpriseZine (EZ)

北川 剛氏は「SQL Serverにはインメモリで稼動するカラムストアインデックス機能があります」と語る。専用のインメモリデータベースを用意するのではなく、まずは既存のSQL Serverの中で広大で高速なメモリ空間を活用するというのだ。

SQL Serverのカラムストアインデックスは、基本的にデータウェアハウスやBIのワークロード、つまりは参照系のクエリを対象としたもの。

もともとマイクロソフトが提供してきたBI機能の1つ「PowerPivot VertiPaq」のエンジンをSQL Serverに組み込んで活用している。

カラム型データベースは圧縮率が高くなるので、インメモリにしやすいのだろう。手軽なBI用途にならこれで十分な顧客も多いのかも。

Permalink | Tag: Microsoft , SQL Server , インメモリデータベース , カラム型データベース , データベース

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Delicious

≫次の記事 BaaSのメリットは認証とACLが組み込まれたバックエンドがすぐ使えるところ
≪前の記事 米Red HatがOpenShiftのソースコードを公開へ、Cloud Foundry追撃なるか

最新トピックス 20本

About Publickey Topics

「Publickey Topics」は、エンタープライズIT、クラウド、Web標準などのトピックスを紹介するキュレーションメディアです。 ブログメディア「Publickey」を書くために集めた情報を基にしています。


Publickey Topicsの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
RSSリーダーで : Feed


Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール




Publickey最新ブログ記事10本 ≫ Publickey

バックナンバー