Top > 2015年4月 > Niciraはネットワーク仮想化にフォーカスしている…

2012/3/27

Niciraはネットワーク仮想化にフォーカスしている

「OpenFlowの父」が語る、OpenFlowとSDNの真実 - @IT

われわれにとって「ネットワーク仮想化」とは、仮想マシンの管理と同じようにネットワークを管理できることだ。動的に作成でき、どこにでも動かすことができ、どんなワークロードでもサポートでき、ネットワーク・ハードウェアから独立しているということだ。

これが実現することで、やっとデータセンター全体をクラウド化できる。

これを読むと、NiciraにとってOpenFlowは、現段階であくまでも仮想化ネットワークを実現するためのOpen vSwitchとの通信プロトコルとして割り切って使っているように読める。Software-Defined Networkのアプローチを今後どう展開していくのだろう。

しかし、これだけ突っ込んだインタビューが書けるのは、さすが三木さん。

Permalink | Tag: Nicira , OpenFlow , クラウド , ネットワーク , ネットワーク仮想化

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Delicious

≫次の記事 かんばん!~もし女子高生がRedmineでスクラム開発をしたら - @IT
≪前の記事 IIJ、OpenFlow/SDNの実験に取り組む

最新トピックス 20本

About Publickey Topics

「Publickey Topics」は、エンタープライズIT、クラウド、Web標準などのトピックスを紹介するキュレーションメディアです。 ブログメディア「Publickey」を書くために集めた情報を基にしています。


Publickey Topicsの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
RSSリーダーで : Feed


Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール




Publickey最新ブログ記事10本 ≫ Publickey

バックナンバー